思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:長谷川穂積 ( 2 ) タグの人気記事

WBCといっても野球ではなく、今夜はプロボクシングの世界戦が2試合行われました。まずはバンタム級の世界戦、王者長谷川穂積選手にブシ・マリンガ選手が挑みましたが、あっという間に長谷川選手のTKO勝ち! 
これで長谷川選手は具志堅用高氏(13回)、勇利アルバチャコフ氏(9回)に次ぎ、徳山昌守氏と並ぶ国内歴代3位の8連続防衛となりました。また3戦連続KOは、日本ジム所属選手では具志堅用高氏の6回、渡辺二郎氏の3回に次ぐこちらも史上3人目の成績、今日の長谷川選手はKOラウンドは1回でしたが、記録は3ずくめでした。
b0077271_22301937.jpg

そしてフェザー級は、王者のオスカー・ラリオス選手に粟生隆寛選手が挑んだ一戦は判定で粟生隆寛選手がチャンピオンを下し、初の世界タイトルを奪取しました。KOのチャンスもあったように思いましたが、勝てば官軍、KOは初防衛戦で実現して欲しいですね。
b0077271_22305014.jpg


写真は http://www.sanspo.com/fight/fight.htm から  
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-12 22:31 | その他のスポーツ
世界戦初挑戦のWBCフェザー級9位粟生隆寛選手は、4回に王者・ラリオス選手からダウンを奪いましたが、終盤にスタミナ切れかはたまた王者の底力かポイントを奪われ、1-2の僅差の判定で敗れ、チャンピオンの夢は実現することはできませんでした。しかしその試合ぶりは近い将来のチャンピオンを予感させるもので、今後の彼の戦いがたいへん楽しみとなる一戦でした。
b0077271_22502631.jpg

そしてメインのWBCバンタム級チャンピオン長谷川穂積選手は同級2位のバルデス選手を寄せ付けることなく、2回にダウンを奪い、TKO勝ちをおさめました。戦前は世界戦初のサウスポーとの戦い、なおかつサウスポーは苦手と公言していた長谷川選手、あっけないほどの強さを魅せてくれました。
試合後のインタビューでは謙遜していましたが、彼の夢である米国進出が一歩も二歩も近づいたことを予感しました。もうバンタム級に敵はいないのではと思えるほどの快勝でした。
b0077271_22504086.jpg
b0077271_22505021.jpg


写真は http://www.sanspo.com/fight/fight.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-17 07:58 | その他のスポーツ