思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
私たち、グループサウンズ(GS)世代ではゴールデンカップスのリーダーとして知られているディブ平尾さんがお亡くなりになりました。
b0077271_12393573.jpgゴールデンカップスと言えば、「長い髪の少女」「愛する君に」「銀色のグラス」「本牧ブルース」などのヒット曲が有名ですが、一方で同時期の他のGSとは違い、ステージの上においてはこれらの曲を演奏する事を好まず、もっぱら当時のアメリカ・イギリスで流行していたロック・ポピュラーの曲を演奏していました。
演奏力にも定評があり、主としてハーフが結成したというルックス(実際にはデイヴ・マモル・ミッキーらは生粋の日本人、またエディは華人だったそうです)と相まって演奏力とは無縁な歌謡GSや企画もののアイドル系GSの多かった中、異色の本格派GSとしてディープなファンも多く存在していました。「カップス」のライブは最高、「カップス」はやはりライブを見なければいけないという評判の立つほど、際立ったライブが有名だったと記憶しています。
そのゴールデンカップスですが、2003年に、ディブ平尾、エディ藩、ルイズルイス加部、マモルマヌー、ミッキー吉野が集まり再結成され、原宿などのライブハウスで往年のヒット曲を中心にライブ活動をしていることは知っていましたが、まさか急にこのような訃報が飛び込んでくるとは思いませんでした。
2004年11月には再結成ライブや60年代のライブ映像を収めたドキュメント映画「ワンモアタイム」(アルタミラピクチャーズ製作)も公開され、劇中のインタビューでは忌野清志郎さん、北野武さん、CHARさんらがゴールデン・カップスへのリスペクトを語っています。ある意味では日本のロックシーンの1時代を支えたスーパーグループだったのではと思います。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-11 12:36 | 日記
北京五輪は17日の会期を何事もなく無事に閉会式を向かえ、開会式に勝るとも劣らない盛大なショーが開催されました。閉会式で閉幕を公式に宣言した、国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長は、「北京五輪を通して、世界は中国についてより多くのことを学び、中国も世界についてより多くのことを学んだ。本当に特別な大会となった」と締めくくりました。公の立場での発言ですので、割り引いて聞く必要がありますが、私の個人的な感覚ではやはり中国という気がしました。全てに対して中国共産党がマニュアルを作成してその通りにボランティア、軍関係者が演じるというハプニングも何もない、ある意味味気ない五輪だったのではないかと思います。自国選手を応援するのも、以前のアジア大会の日本バッシングと比べると、非常に紳士的な応援でした。そこまで抑制することもないとは思うのですがどうなのでしょうか。
b0077271_12251725.jpg
b0077271_12253179.jpg

その中で私のサプライズといえば、2012年開催地のロンドン市が行ったプレゼンテーションです。CGを駆使したプレゼにはじまり、ロンドン名物の2階建てバスが会場内に出現、そしてその2階部分がステージに変わると、何とあのLed Zeppleinのジミー・ペイジさんがいるではないですか(ギターを見て、彼ではないかと思いましたが、本物だとは!)。そしてリオーナ・ルイスさんと往年の名曲「胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)」を演奏してくれました。もうこの5分間が至福の時でした。
b0077271_12254489.jpg

いろいろなドラマがあった北京五輪も終了しました。何事もなく終了したことがよかったと思います。

写真はhttp://www.timewarp.jp/pages/guest/picture/picture_detail.jsf?pictureId=21052  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-25 12:32 | その他のスポーツ
ZARDの坂井泉水さんが亡くなって1年たちました。札幌で「ZARD 坂井泉水展」(北海道新聞社など主催)が二十三日、札幌市中央区の札幌西武五番舘赤れんがホールで始まっているという記事を目にしました。時のたつのは早いものあっという間の1年だったような気がします。この1年、追悼アルバムが発売されるなどZARD(坂井泉水さん)は音楽ファンの心の中で生き続けているのですね。昨日はフリーアナウンサーの川田亜子さんが自殺してというニュースが流れていました。精神的に疲労していたことが原因と言われています。
坂井さんも当初は自殺説も流れましたが、彼女の詩「負けないで」「マイフレンド」を聴くかぎりつらいことがあっても生きていこうという信念を感じます。何が原因かはわかりませんが、若い命が失われることは痛ましいです。
今日は出張、ZARDの曲を聴きながら旅をしようと思います。
b0077271_815939.jpg
写真は DVD より
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-27 08:02 | 日記
b0077271_12414310.jpgといっても昨日の話ではありません。1969年に米国で、英ロックバンド、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーさん暗殺が企てられたそうですが、暴風雨に阻まれ未遂に終わったと英BBC放送が、米連邦捜査局の元捜査官への取材などを基に報じました。
BBCによると、ストーンズはカリフォルニア州で同年開催したコンサートで、犯罪組織として知られた暴走族「ヘルズ・エンジェルス」に会場警備を依頼しましたが、エンジェルスの一員がコンサート中に観客を刺殺する事件を起こしたのを契機にストーンズに冷遇されたため、恨みを抱いたことが原因とのこと。エンジェルスはニューヨーク郊外にあるジャガーさんの自宅にボートで海上から侵入し、暗殺しようと計画し、実行に移しましたが、暴風雨に遭いボートは沈没しそうになったため断念したそうです。
1969年といえば、「Honky Tonk Women」が大ヒットした年だったと記憶しています。確かにこの頃のストーンズは会場警備はヘルスエンジェルスに任せていたと音楽雑誌に掲載されていた記憶がありますが、恐ろしいことを考えていたのですね。

写真は http://eiga.com/buzz/show/10815 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-04 12:41 | 日記
昨日、昨年5月に亡くなられたZARD・坂井泉水さんの追悼リクエストアルバムが発売されました。このアルバム収録曲はファン投票により選曲されており、CDのみにおさめられた曲も選ばれているところが特徴です。
ZARDのファンであれば、収録されている曲は既に持っているものばかりではないかと思いますが、多分購入されるのではないかと思います(といっている私も購入しました)。
あらためて、このCDを聴いていると1曲1曲がヒットした時代に自分が何をしていたかが思いだされます。多分このCDを購入された方全員がそういう思いを感じているのではないでしょうか。ZARDの曲といえば、「負けないで」「マイフンレド」など人生の応援歌といえる曲が多いですが、歌詞の中には私を含め、人生で経験したこと、共感できることが多数あります。
ZARD(坂井泉水さん)の新曲はもうでませんが、今までの楽曲はこれからも末永く、愛され続けていくのだろうな、なんてしんみりと聴いてしまいました。
こちらに、CD収録曲、投票順位などがあります → http://www.wezard.net/news.html#new
b0077271_1231126.jpg
b0077271_1231721.jpg


写真は CD添付のDVDより
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-24 12:03 | 日記
b0077271_12324244.jpg今朝のニュースで一番ビックリしたことは浜崎あゆみさんのことでした。今年デビュー10周年を迎える浜崎あゆみさんは以前から抱えていた左耳の突発性内耳障害が悪化し、左耳が完全に機能不全になっていたことを自身の公式ファンクラブHPで明かしたとの報道が流れたことです。
内容はブログで「実は去年、(病院で)耳の検査をしてもらったのだけど、左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と告白、歌手業についてはこれまで通り続けることを明言し「残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける。プロとして必ず最高の歌をみんなに届けてみせる。行くぜ十周年!!」と綴っています。

以前から、耳の病に犯されていたと言う話は知っていましたが、歌手にとって音は生命線だと思います。彼女はライブでは演奏の音を正確に拾うためのイヤーモニターを両耳に入れるケースが多いそうですが、音楽関係者は「右だけに入れる歌手が大半で、今後の活動にはそれほど支障がないはず」としています。頑張っていい歌を聞かせて欲しいものです。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-07 12:32 | 日記
「偽」という文字が今年1年を象徴する文字として選ばれた2007年。いろいろ偽という言葉に踊らされた1年でした。年末のTVワイドショーでの放映時間ベスト10でも、政界の不祥事、食品業界の賞味期限改竄問題、そして年金問題といろいろ騙された1年であったのかなと思います。
今年は、ZARDの坂井泉水さんが癌で亡くなられたこともビックリしました。そして死後にその歌(歌詞)が再び注目されたことも特筆すべき出来事であったのではないかと思います。大晦日の今日、大阪では追悼ライブが開催され、死後初めての紅白出演が決まっていると言うニュースも流れました。どのような形での参加になるのか期待半分ですが、本当にいい曲をたくさん書かれたと思います。
b0077271_8545569.jpg

1月には、ベストアルバムも発売(参考URL)が決定していますが、死後にこれほど何回もアルバムが発表されるということも異例ではないでしょうか。そしてファン投票で曲が選ばれた中、1位には「あの微笑みを忘れないで」が選ばれました。私もこの曲は大好きな1曲、1番と2番の歌詞に青春も思い出(といっても、自分の経験したことと言う意味です)が詰まっています。
「あの微笑みを忘れないで」(歌詞の一部)
25時 砂の上に車を止めて
語り明かしたあの夏
ぬるいコーラしかなくても
夢だけで楽しかった
(中略)
Open your Heart ひたむきな
あなたの瞳が好きだった
孤独な時間抱きしめて
人は大人になるから
あの微笑を忘れないで いつも輝いていたい
もう何も迷うことなく
走り出そう 新しい未来へ
(後略)
「負けないで」「My Friend」と続くZARDの人生応援メッセージの最初の曲のような気がします。「偽」の2007年は忘れて。新しい2008年に走り出しましょう!!

1年を振り返ると言うより、ZARD特集となってしまいましたが、最後にこの1年を振り返って
1)F1は、シューマッハ選手引退、そしてマクラーレンの疑惑、最後にライコネン選手大逆転のチャンプ獲得、ドラマが多々ありました
2)JRA競馬界では、武騎手の3000勝という大記録がやはり目玉ですね。ディープインパクトという稀代の名馬が引退し、明日のスターを探した1年だったと思います。
3)サッカー界では、オシム前日本代表監督が脳梗塞で緊急入院がビッグニュースでした
4)そして、サッカー、野球と北京五輪代表が続々と決まった1年でした
5)NFLではペイトリオッツが全勝優勝、そして最多得点記録達成のオマケ付
スポーツ界は明るい話題が多かったように思います。
b0077271_8552513.jpg

そして我家の猫たちも元気に来年を迎えます。代表してネネがご挨拶(笑)!
ことし1年、ブログを訪問したいただきありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。



写真は ZARDのDVD他から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-31 08:56 | 日記
レッド・ツェッペリンの一夜限りのコンサートがロンドンで開催されました。当初は11月の開催予定でしたが、ジミー・ペイジ氏の骨折で延期されていましたが、当日はペイジ氏も元気な姿を見せたようです。
ステージに立ったのは、ボーカルのロバート・プラント氏、ギターのジミー・ペイジ氏、ベースのジョン・ポール・ジョーンズ氏のオリジナルメンバー3人に、1980年に急死したドラマーのジョン・ボーナム氏の息子ジェイソン氏を加えた4人、「天国への階段」など往年の名曲を2時間にわたって演奏したそうです。
b0077271_1713774.jpg

100万人の応募があり、その中で2万人が生演奏に聞きほれられる幸せな時間を過ごすことができたのですね。DVDなど発売されるといいのですが、何とかなりませんかね。そういえば、ペイジ氏とポール・ジョーンズ氏は、今後の活動継続の可能性も示唆しているということ、活動の継続を望んでいないと伝えられるプラン氏トも、「活動を続けるのは、そんなに悪いアイデアではない」と語っているそうですから、案外今回のコンサートをきっかりに再結成されるかもしれません。

追記:英メディア絶賛のようです。
■サン(Sun)紙の評論家ピート・サンプソン(Pete Sampson)氏
「彼らの音楽は、現代の音楽が昔ほどロックじゃないことを示した」
■タイムズ(The Times)紙の評論家Pete Paphides氏
「古い機材は動き出すのにしばらく時間がかかるが、エンジンが温まれば、その質は素晴らしいものになる」
「昔も良かった。だが今は、彼らの何かがこの曲(『ブラック・ドッグ(Black Dog)』)を掌握してしまったように見える」
「これほど注目されるイベントが、こんなに自信にあふれて行われることはない」
■イブニング・スタンダード(Evening Standard)紙の評論家Jon Aizlewood氏
「息をのむような、ぞくぞくしたステージだった。ポップミュージックと同様に素晴らしい」
■デーリー・ミラー(Daily Mirror)紙のGavin Martin氏
「ペイジの自身たっぷりな姿はもうステージでは見られないかもしれない。ペイジのギターは、リフレインを何度も奏で、ボロボロになってしまった。プラントは、全盛期の頃のように金切り声を上げることも、気取って歩くこともできない。しかし、彼らの見事なパワーと威厳たっぷりの音楽が衰えることはない」
■インディペンデント(The Independent)紙のAndy Gill氏
「それまでどんよりとしていた音が、『ブラック・ドッグ』で生まれ変わった。プラントが観客と声を出し合った場面は、コンサートの中でも素晴らしい瞬間のひとつだった」
■ガーディアン(The Guardian)紙のAlexis Petridis氏
「『グッド・タイムズ・バッド・タイムズ(Good Times Bad Times)』でためらいがちにスタートしたが、そのあとは約30年間も一緒に活動していないバンドとは思えないほどのステージだった。彼らの音は、信じられないほどひとつになっていた」
■デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙のDavid Cheal氏
「予想以上に素晴らしかった。このコンサートを見ることができて、うれしく光栄だった」

写真は http://www.timesonline.co.uk/tol/news/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-11 12:41 | 日記
レッド・ツェッペリンが再結成されます。ロンドンで、販売元の米レコード会社「アトランティック・レコーズ」の創設者で昨年亡くなったアーメット・アーティガン会長の追悼コンサートのための1度だけの再結成だそうです。
再結成メンバーは、ロバート・プラント、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズの3人と共に、彼等が解散するきっかけともなった、オリジナル・ドラマー故ジョン・ボーナムの息子であるジェイソン・ボーナムがドラムで参加するそうで、準オリジナルともいえるラインナップでの再結成となりました。11月26日ロンドンは燃えるでしょうね。
b0077271_8324942.jpg

レッド・ツェッペリンを知らない人に
「ヘビーロックのピカソ」とも評されており、1968年にデビュー、わずか2年後にはビートルズを押しのけ「ロックの覇王」と呼ばれるようになりました。71年の初来日公演は日本人ファンの間で、いまも語り継がれるほど衝撃的だった(武道館コンサート、高校時代に行きました。今でもあの興奮覚えています)。しかし80年9月、ドラマーのジョン・ボーナム氏が事故死したため活動を停止。88年に行われた同レコード会社創設40周年の記念コンサートで、残った3人が一緒にステージに立ったことがある。


写真は http://doops.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-14 08:27 | 日記

青春時代の想い出

青春時代、何か懐かしい響きを持った言葉ですが、最近この言葉を思い出させてくれるニュース(ちょっと、オーバー)に出会いました。それは
http://contents.oricon.co.jp/news/music/47171/
私たちの青春時代のアイドルであった彼女、森昌子、桜田淳子と3人で比較されていました。ちょっと上には天地真理、南沙織がいましたね。そんな中で、私には山口百恵は一番のヒロインでした。もう彼女が引退して30年近くがたちます(私事ですが、私が結婚したのは百恵ちゃんとほぼ同じ時期、同じ協会です)が、風化されずにファンの心の中に残っているのだと思いました。お小遣いをためておかねば!!
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-08-14 08:48 | 日記