思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
MLBはオールスター前の最後の試合が行われ、松坂大輔投手が2年連続となる10勝目をあげました。6回無失点という数値だけみると好投したかのように思えますが、4安打、5死四球、7奪三振という松坂投手らしい成績です。これで四球は57個を与えたことになりリーグのワースト記録となっています。昨年もトータル93死四球でしたが今年はすでにこのペースを上回っています。100死四球を超えてしまうかもしれません。しかし昨年10勝したときは6敗していましたから、今年の10勝1敗、防御率2.65は、りっぱにチームに貢献している数値ともいえます。
b0077271_1235585.jpg

一方、イチロー選手も球宴前最終戦でヒット1本、日米通算3000本安打まであと11本となりました。例年に比較して安打本数が伸び悩んでいますが3000本安打達成を境に安打量産で8年連続の200本安打達成を期待しちゃいます。
b0077271_12353631.jpg

松坂投手の次の登板はマリナーズ戦、球宴後5試合目となりますからこの頃に3000本安打にリーチがかかったイチロー選手との対戦という可能性があります。
もうすぐオールスターですが、イチロー選手、福留選手の2選手が活躍することを期待しましょう。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-14 12:33 | 球技
チームも本人も調子がイマイチなイチロー選手とマリナーズですが、ここにきて上り調子になってきました。イチロー選手は先日5安打をはなち、今シーズンの100安打と記録すると、今日は3安打で打率も3割に到達しました。いつものシーズンに比べるとまだまだ物足りない打率ですが、これから上昇カーブを描いていくことを期待しましょう。やはり8年連続の200本安打は達成して欲しいですからね。そしてマリナーズも監督交替後は上昇カーブを描いて、今日も4-2で勝利しました。まだまだ負け星が多いですが、シーズンは折り返し地点を過ぎたばかりです。こちらも今後の巻き返しに期待しましょう。
b0077271_17422467.jpg

一方DL明け3試合目の松坂投手ですが、レイズ戦に先発し5回を2安打1失点。この数字を見ると好投だったと錯覚してしまいますが5四球とコントロールが定まらなかったようです。リードしながらの降板でしたが、リリーフ陣が岩村選手以下レイズ打線につかまり、チームも6-7で逆転負け、10勝目はお預けとなってしまいました。その岩村選手は7回チームの逆転に貢献するヒットをはなっています。今年のレイズは強いですね。
b0077271_17423410.jpg


写真は http://www.sanspo.com/mlb/mlb.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-03 17:43 | 球技
MLBも日本人メジャーリーガーが10数人おり、日本人対決といっても珍しくない世の中となりました。そんな中、マリナーズvsロイヤルズ戦では注目の対決(私にとっては)がありました。
野茂投手vsイチロー選手です。お二人とも投手、野手の日本人メジャー先駆者として、頑張っています。結果はイチロー選手が豪快な空振りで三振でした。野茂投手もイチロー選手は抑えましたが4失点というほめられない成績に終わっています。彼にしてみればすでに全盛期は終わり最後の力を目いっぱい使いメジャーで戦っているわけですからこの結果はいたしかたのないものかもしれません。この試合、薮田投手vs城島捕手の対決もあり、こちらは城島捕手が2塁打をはなち、日本人対決は引き分けに終わりましたが試合はマリナーズが勝ち、あと1勝で5割復帰です。
b0077271_20354635.jpg

このほか日本人メジャーリーガーが活躍した1日だったようです。松井秀喜選手は先制HR、福留選手はマルチヒット、そして岡島投手は初セーブをあげています。

写真は http://www.sanspo.com/mlb/mlb.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-16 20:36 | 球技
野茂英雄投手が3年ぶりにメジャーのマウンドに帰ってきました。ヤンキース戦で、2005年7月15日以来1000日ぶりのメジャーマウンドに上がりました。3点リードされた7回から2番手で登板し、9回にロドリゲス、ポサダ両選手に本塁打を浴びましたが、最後は松井秀喜選手からフォークで空振り三振を奪い、3回を4安打2失点で投げ抜きました。結果は不満足なものと思いますが、まずは復活おめでとうございます。
b0077271_850872.jpg


写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-12 08:50 | 球技
猫に起こされ、早起きしてしまいました。おかげさまでというわけではないですが、この試合途中からTV観戦していました。松坂投手、3回まではパーフェクトに近い投球内容でしたが、4回からは球数も多くなり若干不安定な内容となってしまいました。特に6回は満塁のピンチもむかえ、ギーエン選手を中飛で打ち取り、事なきをえました。その裏にレッドソックス打線が2点をとり5-0となってほぼ勝利確定、7回はリリーフ登場かと思いきや、松坂投手続投でした。ところが2死を取った後、ストレートの四球を与えて降板、ちょっと悔いの残る投球だったと思います。
試合は最後、岡嶋投手がしめて(セーブはつきませんでした)、レッドソックス本拠開幕戦を白星で飾りました。また試合前には、チャンピオンリング贈呈式もあり、盛り上がったようです。
b0077271_12511582.jpg
b0077271_12512482.jpg

一方、四連敗と調子のでないマリナーズですが、今日はイチロー選手が3安打2得点の活躍で6-5とレイズに打ち勝ち、連敗脱出です。レイズの岩村選手は1安打、マリナーズ・城島捕手は無安打に終わっています。

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-09 12:55 | 球技
b0077271_1614142.jpg週末のMLBをまとめてコメント。ますは、ドジャースの黒田博樹投手がメジャーデビューを会心の初白星で飾りました。初先発したパドレス戦で、7回を3安打4奪三振の1失点、無四球で球数は77球という抜群の制球力で、パドレスの井口資仁内野手から初三振奪取というおまけ付きです。
一方の新婚ほやほやの松井選手は初HRを記録しています。そして福留選手、バントヒットあり勝ち越しのタイムリー2塁打ありと大活躍でカブスは2勝目をあげています。
一方、私が今年はやるだろうと期待しているマリナーズですが、逆転したあとに再逆転とちぐはぐな試合内容で連敗してしまいました。どうも今年は日本人メジャーリーガーのいるアリーグ所属チームは調子が今一歩のようです。

写真は http://www.sanspo.com/mlb/mlb.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-06 16:14 | 球技
MLBが開幕しました。なんとってもビックリしたのは福留孝介選手の活躍ではなかったかと思います。雨で試合開始が遅れた中、終盤まで息詰まる投手戦、その中でカブスの選手の中でヒットを記録したのは福留選手のみという大活躍、締めくくりは同点3ランでした。試合は延長で惜しくも敗退してしまいましたが、カブスファンへのアピールは最高だったのではないでしょうか。
b0077271_836852.jpg

一方、中継ぎでデビューした福盛投手はマリナーズ戦で散々のデビューとなってしまいました。ヒットあり、四球あり、そしてワイルドピッチまで! 城島選手、イチロー選手との対戦を意識しすぎたのではなかったかと思います。その対戦相手の城島選手とイチロー選手、ともに無安打に終わりましたが、城島選手は盗塁を見事に刺してガッツポーズ! イチロー選手は2得点と、マリナーズの勝利に貢献しています。イチロー選手の遊ゴロ失策についてのコメントがいかにも彼らしかったです。「(第3打席の遊ゴロで失策ではなく)ヒットになれと思う、少し小さい自分がいた。あそこで失策でいいと思う自分に早くなりたい。」
b0077271_8382065.jpg

ドジャーズの斉藤投手はセーブはつかない場面でしたが、3人ときっちり抑えてトーリ監督の新しい船出に貢献、井口選手も新天地のパドレスで3安打と日本人メジャーリーガーの面目躍如の活躍でした。
b0077271_8383077.jpg
そして今日は、松坂投手が先発します。どんなピッチングを見せてくれるか、また雨で順延となった松井秀喜選手も今日が開幕、こちらも新妻に初Hがプレゼントできるか、注目ですね。

(追記分です)
松坂大輔投手がアスレチックス戦に先発し、7回途中まで2安打1失点9奪三振の好投で今期の初勝利をあげました。今回は東京の開幕戦と違い、コントロールもよく無四球という好投でした。
b0077271_17272391.jpg
またマリナーズのイチロー選手は3安打をはなち、チームも8回に逆転しましたが、クローザーのブッツ投手が9回に再逆転されマリナーズ連勝はなりませんでした。松井秀喜選手も開幕をむかえました。無安打に終わりましたが、チームの決勝点となる打点をあげ、存在感を示しました。


写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-02 08:25 | 球技
b0077271_17165456.jpg大物日本人メジャーリーガーの松井秀喜選手が結婚しました。今年にかける松井選手、まず身を固めて今シーズンを戦うわけですね。よく野球選手は結婚すると成績が落ちるといわれていますが、練習熱心の松井選手のこと、かえって守らなければいけない伴侶ができたことでよりいっそう頑張るのではないでしょうか。今年の松井選手は一味違う!
松井選手らしい、インタビューの受け答えではないかと思います。

--結婚までの経緯は
 「出会いは06年くらいです。一言でいうと僕が一目ぼれした感じ。お付き合いが始まったのは昨年からです」
--お相手の性格は
 「どちらかというと控えめな感じ。あまり活発的ではないですかね。明るいですし、いろいろと相手への気づかいができる方だと思う」
--結婚は早い時期に意識したのか
 「徐々にそういう気持ちが出てきた。基本的には(出会いから)あまりたたないうちに、この女性となら一緒にいたいな、というのがあった」
--プロポーズは
 「もちろん僕の方から。それも昨年ですけれど僕からしました」
--なんと言ったのか
 「恥ずかしいので勘弁してください。ストレートに一言でという感じです」
--結婚式は
 「実は昨日、ニューヨークで両家の親族のみで無事、挙げてきました。厳かな雰囲気の中、非常にすばらしい式になったと思います」
--おめでたは
 「残念ながらと言ったらおかしいですが、それはないです」
--入籍はしたのか
 「これからします。(挙式は)シーズンが終わってからにするか、前にしようか迷っていたが、こういうことはシーズン前にしっかり形としてけじめを付けて、新たな気持ちでシーズンに臨みたいという気持ちもありましたので、この時期になりました」
--日本で披露宴などの予定は
 「今のところ、その予定はないです」
--長嶋茂雄氏には
 「報告しています。おめでとう、と。ようやく結婚したか、という感じでしたけれど、野球にも必ずいい影響があるし、これから2人で頑張ってくださいというお言葉を頂きました」
--子供は何人欲しいか
 「チャンスをいただいて子宝に恵まれたら幸せ。何人ほしいとかは考えていません」
--故郷の石川県のファンも喜んでいるが
 「地元の皆さんも喜んでくださっているのであれば非常にうれしいですし、まあ、それは来年のお正月にでもしっかりとご報告したい」
--奥様にはどう呼ばれているのか
 「そういうこと、恥ずかしいな…。秀喜さん、ですね」
--野球にもいい影響がありそうだが
 「健康面、食事の面、ふだんの生活習慣から何からしっかりと考えてやってくれると思う。常にいい体調でグラウンドに行けるという、そういう風になっていくと思う。体調面でいい影響があると思います」
--同僚のジーターはどういうと思うか
 「マツに先にいかれたな、といわれると思う」
--奥様の得意料理は
 「なんでもおいしいのですが、(特に)ハンバーグはおいしいですね」
--結婚の決め手になったのは
 「人間性、性格というか。そういう部分だと思う。いろんな意味で分かちあえる、共有できる気持ちが強かったのだと思います」
--日米での遠距離恋愛だったが
 「常に連絡は取り合っていた。僕の心の中には常に彼女の存在があった。そういう意味で支えてもらった」
--独身最後の大物日本人大リーガーの肩書ともお別れになる
 「そういう肩書と別れを告げるのはなんともない。結婚するというのはうれしいものです」
--ニューヨークでのデートは
 「そんなに人目を気にしたりとかそういうことはなく、ある程度普通にしていました」

写真とインタビューは http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-28 17:17 | 球技
MLBの開幕戦が東京ドームで開催されました。期待の中心は先発した松坂大輔投手でしたが、最後にお立ち台に上がったのは岡島秀樹投手でした。
b0077271_8221328.jpg
試合はアスレチックスが立ち上がりの松坂投手を攻めて2点を先取し優勢に試合を進めました。松坂投手、シーズン中のできの悪い試合と同様、悪いなりに連打を浴びることなく5回を2失点におさえて降板、その直後の6回にレッドソックスが逆転し、松坂投手に勝利投手の権利が発生しましたが、試合は逆転され9回にレッドソックスが同点に追いつき岡島投手の出番となりました。1回を無失点に抑えると延長10回にラミレス選手の決勝打でレッドソックスが逃げ切り、幸先のよいスタートを切りました。
「同点だったし、1点もやれない気持ちだった。そうしたらあんな大歓声で…。うれしかった。ホントにファンの皆さんのおかげです。ありがとうございました」岡島投手のコメントでした。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-26 08:22 | 球技

MVP、新人王が決定

NPBのMVP、新人王が決定しました。まずパ・リーグ、MVPは日本ハムのダルビッシュ投手、沢村賞に引き続きの栄冠獲得です。21歳での獲得は稲尾氏、イチロー選手に続く3人目とのこと、過去の受賞者を見るとダルビッシュ投手の将来はバラ色にみえてしまいます。今後の精進によりますが、メジャーリーガー志望の彼のこと来シーズンも素晴らしい活躍をしてくれることと思います。
また新人王は「マーくん」こと楽天の田中投手、こちらも高卒ルーキーでは、清原選手、松坂投手以来とのこと。彼の将来も明るいですね。「もっと上のレベルに行けるように、これからも頑張っていきたい」と型通りのコメントを残しています。
一方のセ・リーグでは、MVPは巨人の小笠原選手。史上2人目の両リーグ受賞で、セ・パ2年連続は初めてとのことです。そして新人王は阪神の上園投手。「びっくりしました。すごく光栄」と語っています。阪神からの新人王は2001年の赤星選手以来となります。
b0077271_12574973.jpg
b0077271_12575972.jpg

海の向こう、MLBでもMVPが発表され、ア・リーグはヤンキースのA・ロドリゲス選手(3回目)、ナ・リーグはフィリーズのジミー・ロリンズ選手が初受賞しています。
野球の世界、今年は北京五輪予選があり、これでシーズンオフではなく、日本代表に選出された選手は、もう少し頑張って五輪切符を手にして欲しいですね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-21 12:54 | 球技