思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
SS18を終了し、ローブがトップを守っています。初日トップだったグロンホルムは午前中のSSでスリップでタイムロスしてしまい2位に後退しています。しかしこのSS18ではローブより3秒速いSSトップタイムをマークし、徐々に差をつめている様子です。
b0077271_182314.jpg

注目すべきは、スバルのペター・ソルベルグではないでしょうか。初日のトラブルで表彰台はまず無理なタイム差をつけられてしまいましたが、スバルの地元、日本のラリーですからファンのために全力で走っています。SS18もローブより速い2位のタイムをマークして、総合6位のダニエル・ソルドに10数秒差まで追い上げています。
アトキンソンは4位、新井は8位と検討しています。3位のヒルボネンとアトキンソンのタイム差は2分以上ありますが、この心意気であれば神風が吹くかもしれません。

写真はhttp://www.e-wrc.jp/news/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-02 18:23 | モータースポーツ
マーカス・グロンホルム(フォード)はSS8でもトップタイムを刻み、今日のここまでの8SSのうち6ヶ所でトップタイムをマークし、総合首位にたっています。2位はローブ、3位はヒルボネンという順番です。
b0077271_20133965.jpg

スバル勢はトラブル続出の模様で、ソルベルグはギアボックスの交換まで行うしまつ、順位はそれでも8位まで挽回しています。しかしグロンホルムとは3分以上は離されており挽回は厳しい状況です。スバルのトップはアトキンソンで総合5位、新井選手は健闘して7位につけています。
この後は、舞台を帯広のスーパーSSへと移して、戦いは続きます。スバルの巻き返しにかすかな期待を持ちつつ応援していくことにしましょう。

写真はhttp://www.e-wrc.jp/news/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-01 20:14 | モータースポーツ
久しぶりに近所のホビーショップに寄ったところ、WRC・ラリージャパンに向けて、こんなチョロQを売っていました。インプレッサのチョロQがあれば、ベストでしたがあるのはS.ローブのシトローエンの2005年タイプと2006年タイプの2種類、かわいかったので衝動買いしてしまいました。チョロQですが、よくできています。
b0077271_814202.jpg

b0077271_8143779.jpg

さていよいよ今日がオープニングセレモニーで、明日からラリージャパンスタートです。スバルの巻き返しがなるか期待していいのかどうか、また今年はフォードの相性がよいとの噂もあります、S.ローブ/シトローエンはどうでるか、ラリーの醍醐味を満喫できる展開に期待です。
また、日本人期待の新井選手もWRカーでの参戦で、表彰台を目指して頑張るとの発言もありますから、こちらも期待ですね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-31 08:15 | モータースポーツ
スバルワールドラリーチーム(SWRT)は、9月1日(金)から9月3日(日)北海道十勝管内で開催されるWRC(世界ラリー選手権)第11戦「ラリージャパン」に、ペター・ソルベルグ(ノルウェー)、クリス・アトキンソン(オーストラリア)がドライブする2台のインプレッサWRC2006で出場します。
初開催だった一昨年の同イベントではソルベルグが優勝し、昨年は惜しくも最終日にリタイヤとなるまでソルベルグがトップを快走するなど、ラリージャパンはスバルにとって相性が良いラリーです。今年はまだ優勝がありませんが、何とか地元で今期初Vを飾ってほしいものです。
b0077271_1372775.jpg

また、新井敏弘もスバルの最新型ワールドラリーカー「インプレッサWRC 2006」で出場します。新井はS自身のホームイベントで唯一の日本人ドライバーとして世界のトップドライバー達と同じ土俵で戦い、表彰台以内入賞を目指たいと述べています。
今週末に迫った、ラリージャパンでは、後塵をはいしているシトローエン、フォードと互角の戦いを期待しています。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-29 12:54 | モータースポーツ
WRC第10戦ラリー・フィンランドは8月20日(日)に最終のレグ3を行い、マーカス・グロンホルム(フォード・フォーカスRS WRC06)がSS合計タイム2時間52分50秒3で優勝、今シーズン4勝目をマークしました。
ラリー・フィンランド最終日は、グロンホルム、ローブとも無理はせずに現在の順位を守る走りに徹してそれぞれ、優勝、2位を勝ち取りました。
b0077271_12515329.jpg

心配なのは、2戦連続でクラッシュしたソルベルグ。しかしその表情は明るいと言うことです。「マシンのハンドリングがすごく良くなり、思わず攻め過ぎてしまった」からのクラッシュだとのこと。ラリージャパンはすぐそこに迫っています。地元でのスバルの頑張りは、ソルベルグにかかっているわけですから、意のままに動くマシンは手に入れたわけですから、あとは本人の冷静な判断が必要です。我々日本人としては、それが次戦のラリー・ジャパンで実現されることを願うのみですね。ちょっと国粋主義っぽいですね。
b0077271_12522058.jpg


写真は http://news1.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-22 12:52 | モータースポーツ
OMV ADAC ラリー・ドイチェランドは、セバスチャン・ローブ(クロノス・トタル・シトロエン)のWRC26勝目で幕を閉じました。この勝利は英雄カルロス・サインツに並ぶ、WRC最多優勝記録です。WRC界のミハエル・シューマッハですね。でもローブはこれから全盛時代をむかえようとするドライバーですから、どこまで記録を伸ばしていくか非常に楽しみです。
b0077271_1735598.jpg

今回のラリーではローブのチームメイト、2005年のジュニア世界ラリー選手権チャンピオンのダニエル・ソルドもまた、素晴らしい走りを見せ総合2位でフィニッシュしました。クロノス・トタル・シトロエンWRTにとっては素晴らしい週末となりました。
b0077271_1745040.jpg

しかし、 SUBARUワールドラリーチームにとっては、またもや残念なラリーとなってしまいました。ペター・ソルベルグは、レグ2最初のステージでエンジントラブルが発生しリタイヤに追い込まれ、さらにステファン・サラザンもコースオフを喫したあとにギアボックスが故障し戦列を去り、スバル勢はクリス・アトキンソンが総合8位という残念な結果に終わりました。十勝まであと1ヶ月、SUBARUワールドラリーチームの巻き返しに期待しましょう。


写真は http://rally.racing-live.com/wrc/en/index.shtml
    http://www.e-wrc.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-14 17:05 | モータースポーツ
世の中、ワールドカップ一色ですが、モータースポーツの世界も各種のシーズンが真っ只中です。その中で、WRCは前半戦を終了して2ヶ月の夏休みに入りました。時々地上波で放送されているのでWRCを知っている人も多いと思いますが、WRCは世界ラリー選手権のことです。市販車に近い車がラフロードを走り回るサーキットレースとは違った醍醐味のあるものです。
日本のメーカーも今シーズンはスバルのみの参戦ですが、古くはニッサン、三菱などが参戦しています。

さて今シーズンですが、WRCの世界にもF.アロンソのように圧倒的な強さでチャンピオンシップをリードしている選手がいます。S.ローブ選手です。蛇足ながら、彼は今年のルマン24時間レースにも参戦して、見事2位に入っています。
さて、本業のラリーの方では、シトローエンチームのエースとして今年既に5勝をあげています。既に8戦が終了していますが、優勝できなかった3戦も全て完走して2位に入っています。ホント、アロンソとよく似ていますね。ラリーファンから言わせれば、アロンソがローブに似ているのかもしれません。ローブは既に、2004、2005年と連続してチャンピオンになっていますから、実績ではアロンソを上回っています。

日本でも、9月に北海道でWRCが2004年から開催されるようになりました。生のラリーはサーキットのレースとは違う迫力があります。
前半戦のレビューはこちらにあります。公道を走るので、迫力満点ですね。
b0077271_1829308.jpg
b0077271_18294473.jpg
b0077271_1829511.jpg

写真は http://www.e-wrc.jp/ から

ところで週末は、MotoGPのイギリスGPだと思うのですが、どなたかジベルナウ、メランドリ、ロッシなどの怪我の状態知りませんか。全員万全とはいわないまでも元気な姿で、モトシーンに復帰してほしいですね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-29 18:40 | モータースポーツ