思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ニューマシンのデビューとなった前戦で見事に2位に入った、ペター・ソルベルグ選手のスバル・インプレッサはラリー・トルコでも快調なスタート(SS1は2位)でしたが、SS2以降はチームの方針なのか、慎重なドライビングに終始し、各SSで10秒程度トップから離されてゴール、総合6位で初日を終えています。
アトキンソン選手はSS6でフロントサスペンションにダメージを負い、リタイアとなっています。
ラリーをリードしているのはローブ選手ですが、最初からトップというわけではなく、ヒルボネン選手、ラトラバ選手のミスがあってのトップです。各SSが終了する毎にトップが入れ替わるといっていいような展開です。トップ5からちょっと離されているソルベルグ選手ですが、SS10以降での逆転に期待しましょう。
b0077271_8505141.jpg
b0077271_851362.jpg
b0077271_8511515.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-14 08:51 | モータースポーツ
オベ・アンダーソン氏が「ミリガン・ビンテージ・トライアル」での競技中に事故に巻き込まれました。運転していたクラシックカーが見通しの悪いコーナーで正面衝突しそうです。享年70歳、古くからのモータースポーツファンにとっては、アルピーヌルノーA110(1971年のモンテカルロラリー優勝など)を駆り、今でいうWRCで大活躍したラリーイストとして有名ですし、引退後はTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)立ち上げに尽力した人として記憶に残っていると思います。
そのTTE時代にはトヨタセリカでトヨタは世界ラリー選手権に参加し4度のドライバーズ・チャンピオンシップと3度のコンストラクターズ・チャンピオンシップを獲得しています。そしてルマンにも挑戦し、1999年のル・マン24時間耐久レースでは2位を獲得しています。2002年からは、パナソニック・トヨタ・レーシングをフォーミュラ・ワンへと導き、2003年にチーム代表を退任後、チームコンサルタントとなっています。
b0077271_1230127.jpg
ご冥福をお祈り申し上げます

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-12 12:29 | モータースポーツ
ラリー・オブ・グリース/アクロポリス・ラリー最終日はおおきな波乱もなく、スバルのニューマシンを駆るペター・ソルベルグ選手が1年ぶりとなる2位を獲得しました。優勝はローブ選手、早くも今シーズン5勝目です。
スバルのアトキンソン選手ですが、SS14でベストタイムをマークし、ニューマシンに初めてのSSベストタイムをプレゼントしましたが、続くSS15でスピン、マシンにダメージをおいまたまたリタイアという結果に終わってしまいました。
スバルチームとしては、前倒しでニューマシンを投入し、ソルベルグ選手が2位という結果は今後のラリーに大きな光明を得たと思います。ラリー・ジャパンといわずに、次戦以降に初優勝を期待できそうな雰囲気を得させてくれました。
b0077271_12293961.jpg
b0077271_12294859.jpg
b0077271_12295763.jpg
b0077271_1230496.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-02 12:40 | モータースポーツ
ラリー・オブ・グリース/アクロポリス・ラリーの2日目は各チームとも荒れた路面状況によるパンクに悩ませられました。ローブ選手もその一人で同僚のソルド選手にトップの座を奪われていましたが、そのソルド選手もパンクの影響でホイールのみの走行を余儀なくされ大きく順位を落としてしまいました。
その結果、安全運転を心がけているソルベルグ選手が2位進出です。同僚のアトキンソン選手ですが、電気系のトラブルでSS9に出走することができずデイリタイアに終わっています。
ニューマシン特有の初期トラブルが今回はアトキンソン選手にでたようです。最終日にソルベルグ選手に同じトラブルがでないことを祈り、ニューマシンでの表彰台ゲットを期待しましょう。
b0077271_9113025.jpg
b0077271_9114572.jpg
b0077271_9115864.jpg
b0077271_912101.jpg


写真は http://www.afpbb.com/から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-01 09:21 | モータースポーツ
前日のディ0のセッションでトップから1秒差とまずまずのタイムをだしたスバルのソルベルグ選手が初日を終えて3位と好ポジションをキープしています。新車投入でやる気モードのスバル、新車投入でまずは完走第一というチーム方針の中、フルアタックは控えてのこのポジションはニューインプレッサのポテンシャルの高さを証明しているように思えます。アトキンソン選手も8位とまずまずの出だしですから2日目以降に期待が持てます。なおトップはローブ選手、最近安定していますね。2位にもソルド選手が入りシトロエンチームのワン・ツゥーでラリーはスタートしました。
b0077271_10184860.jpg
b0077271_10185533.jpg
b0077271_1019519.jpg
b0077271_10191257.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-31 10:24 | モータースポーツ
ローブ選手が優勝し、今季の4勝目をマークしました。ヒルボネン選手とラトバラ選手の2位争いは、ヒルボネン選手が約5秒のリードをつけて2位入賞、スバルで連続表彰台の期待がかかったアトキンソン選手は6位に終わりました。スバルにとっては2日目が全てのラリー・ド・イタリアでした。
b0077271_12405678.jpg
b0077271_1241430.jpg
b0077271_12411259.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-19 12:41 | モータースポーツ
ラリー・ド・イタリア/サルディニア(が正式名称)の2日目、朝からの雨の天気にスバルチームが影響を受けてしまいました。
ソルベルグ選手は、チームが選択したサスペンションセッティングが路面にまったく合わずに大苦戦してしまいました。マシントラブルは発生していないSS8ではトップタイムのラトバ選手ラから40秒以上も遅い13番手タイムと失速し、その後の追い上げもかなわず順位を大きく落としてしまいました。アトキンソン選手もソルベルグ選手ほどではありませんがやはり順位を落としています。
b0077271_12335964.jpg
b0077271_12341212.jpg
b0077271_12342628.jpg

その中で、ローブ選手は完全に一人旅の様相、逆に2位争いが熾烈となっています。本来であればその戦いに参戦しているスバルがいないのが残念です。
b0077271_12363837.jpg


写真等は http://www.subaru-msm.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-18 12:34 | モータースポーツ
サルディニア島での開催がすっかりと定着したラリー・イタリアのディ1はローブ選手がSS2、SS3とすばらしいタイムを連発して初日をトップで終了しました。スバルのソルベルグ選手はヒルボネン選手との3位争いを制して初日3位と絶好のポジションからのスタート、今回は表彰台が期待できます。連続表彰台のアトキンソン選手も5位スタート、2位のソルド選手とのタイム差はそれほどではありませんので表彰台の可能性はありますね。
スズキのガルデマイスター選手、アンダーソン選手は10、11位と初日は2台そろって完走しましたが、マイナートラブルを抱えての走行だったようです。
b0077271_853066.jpg
b0077271_853963.jpg
b0077271_8531794.jpg
b0077271_8523957.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-05-17 09:02 | モータースポーツ
ラリー・ヨルダンは、最終日にドラマが待っていました。前日まで好調に首位をキープしていたソルド選手ですが、最初のSSでルーズグラベルが乗った路面にてこずり総合順位を3位に落としてしまいます。その後はフォードの2人によるトップ争いとなりましたが、ラトバラ選手は途中のSSで左リヤサスペンションを破損して順位を大きく落としてしまいます。
その結果、堅実に走ったアトキンソン選手が連続して表彰台をゲットです。スバルはここ一番の速さはありませんが、アトキンソン選手とのコンビは信頼性が高いようでここ数戦いいリザルトをだしています。ソルベルグ選手にも伝染してほしいものです。
b0077271_18059100.jpg
b0077271_18162.jpg
b0077271_1811428.jpg
最終結果
1. Mikko Hirvonen BP Ford Focus RS WRC 07 4hours 02mins 47.9secs M
2. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +01mins 15.7secs M
3. Chris Atkinson Subaru WRT Impreza WRC 2007 +05mins 00.4secs M
4. Henning Solberg Stobart Ford Focus WRC 07 +07mins 35.8secs M
5. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC 07 +10mins 41.7secs A8
6. Federico Villagra Munchi's Ford Focus WRC 07 +11mins 22.2secs M
7. Jari-Matti Latvala BP Ford Focus RS WRC 07 +12mins 15.6secs M
8. Gigi Galli Stobart Ford Focus WRC 07 +12mins 24.4secs M
9. Khalid Al-Qassimi BP Ford Focus RS WRC 07 +19mins 05.7secs A8
10. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +23mins 38.1secs M

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51&b6Ec=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-28 10:42 | モータースポーツ
ラリー・ヨルダン2日目、ディフェンディングチャンピオン・ローブ選手は最初から飛ばして、同僚のソルド選手を追い越しラリーの主導権と握りましたが、なんとSSを結ぶ区間で事故を起こしてしまいました。その結果リタイアとなる大波乱、ソルド選手はトップに返り咲きましたがシトロエンチームにとっては大打撃です。
スバルのアトキンソン選手はその結果4位にポジションアップしましたが、3位、5位とはともに1分以上のタイム差があります。最終日は長いSSもありますので慎重に走ってできれば表彰台を確保してほしいものです。
b0077271_9264553.jpg


ラリー・ヨルダン2日目総合結果
Overall times after SS16 / Day 2 - Top 20:
1. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC 2hours 29mins 02.9secs M
2. Jari-Matti Latvala BP Ford Focus RS WRC 07 +00mins 08.5secs M
3. Mikko Hirvonen BP Ford Focus RS WRC 07 +00mins 10.4secs M
4. Chris Atkinson Subaru WRT Impreza WRC 2007 +02mins 03.4secs M
5. Urmo Aava PH Sport-Citroen C4 WRC +03mins 07.2secs A8
6. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC 07 +04mins 56.5secs A8
7. Henning Solberg Stobart Ford Focus WRC 07 +05mins 10.9secs M
8. Federico Villagra Munchi's Ford Focus WRC 07 +06mins 56.3secs M
9. Khalid Al-Qassimi BP Ford Focus RS WRC 07 +07mins 10.5secs A8
10. Gigi Galli Stobart Ford Focus WRC 07 +11mins 29.7secs M

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-27 09:27 | モータースポーツ